【新型 第5世代 予約!】iPadでイラストを描くには何が必要?かかった総額は?

iPadでお絵描きしてみたいと思ってませんか?

2021年4月21日にiPadの新型が発表されました。
4月30日から予約開始し、5月下旬に発売されます。

私もこれを機にiPadデビューしようと思います。本体と、イラスト制作に必要な周辺機器も購入!
これからiPadでのイラスト制作をしたいと思っている方の参考になればと思います。

ちなみに先に総額を言うと15万円ほどかかりました。
内訳は以下の通りです↓

iPadとイラスト製作に必須の周辺機器

本体 iPad Pro 12.9インチ 128GB ¥129,800

iPad Pro 第5世代
他のシリーズに比べて、Proは描写速度が速いそうです。
私はシャッシャッシャと、何回も線を重ねて塗っていく描き方なので、描写速度が遅いとストレスになってしまいますのでPro一択です。

●第5世代 Wi-Fiモデル
Wi-Fiモデルは、Wi-Fiでのみ使用可能。CellularモデルはSIMカードも利用できるタイプだそうです。
私は基本は自宅で使用するのでWi-Fiモデルで十分です。オフラインでも絵は描けますしね。

●12.9インチ
11インチ、12.9インチの2種類あります。
絵を描くのがメインなので大きい方が良いかなと単純に思いました。

●ストレージ 128GB
ストレージは128GB、256GB、512GB、1TB、2TBがあります。大きいものほど値段も高くなります。
基本は絵を描くだけに使用、さらにクラウドストレージも利用する予定なので、そこまで大きいストレージはなくても大丈夫かなと判断しました。
動画を編集したい、映画や動画をダウンロードしてみたいなどの使い方をする場合は、容量が足りなくなる可能性があるかもしれません。

2021 Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 1TB) – シルバー

スポンサーリンク

Apple Pencil 第2世代 ¥15,286

iPad専用のタッチペンですね。ペンの傾きや筆圧も感知します。
お高いかもしれませんがイラスト制作には必需品です。

Apple Pencil(第2世代)

ペーパーライクフィルム ¥1,580

そのままの状態ではツルツルすぎて描き味が悪いです。
表面にざらざら感のあるフィルムを使用する事で、より細かく描きやすくなります。ざら付き具合なども、種類によって違うみたいです。
こちらを買いました。

ベルモンド iPad Pro 12.9 (第5世代 2021 / 第4世代 2020 / 第3世代 2018) ペーパー 紙 ライク フィルム ケント紙タイプ

本体用カバー ¥1999

使用しない時、持ち運ぶ時に画面を守りたいので、カバーは手帳タイプにしました。
マグネットタイプで簡単に開閉でき、フタが閉まるとスリープ状態になってくれるオートスリープ機能付き。ペンも一緒に収納できるようです。

ESR iPad Pro 12.9 ケース 2021対応 半透明 三つ折りスタンド

【まとめ】お値段は¥148,655です

ひとまず絵を描くのなら、必要なのはこんなところかと思います。
やはり約15万円ほどかかってしまいますね。

配達予定日は5月28日~30日となっていました。
また実際使ってみたらレビュー書きますね!

スポンサーリンク