【Photoshop】アクションの作り方と使い方【作業の効率化に!】

  • URLをコピーしました!
絵描き好きさん

毎回同じ作業するのが大変💦
もっと楽にできる方法は無いのかな?

卯月まめ

同じような作業をするなら、Photoshopの「アクション」を使うと便利です。

この記事ではこんな事がわかります

  • アクションの使い方
  • アクションの作り方

アクションが使いこなせれば、作業効率がググっとアップしますよ!
わかりやすいように画像付きで解説しています。

CONTENTS

アクションの使い方

アクションを新規作成する

STEP
アクションウィンドウを出す

上部メニューから「ウィンドウ」→「アクション」をクリック

STEP
アクションウィンドウを見やすくする

アクションウィンドウは、「初期設定のアクション」のフォルダが開いた状態で出てくると思うので、見づらい場合はフォルダを閉じます。

STEP
フォルダを作る

わかりやすいようにフォルダを作ります。

フォルダにわかりやすい名前を付けます。
ここでは「自分用」と付けました。

STEP
新規アクション

さきほど作った「自分用」のフォルダを選択した状態で、下にある「新規アクション」アイコンをクリックします。

左上にあるハンバーガーメニューの中にも「新規アクション」があります。
どちらでもOKです。


わかりやすいアクション名を付けて、「記録」をクリックします。

STEP
記録したい作業を行う

アクションウィンドウの下にあるマークが、赤くなっていたら記録中です。

記録したい作業を行いましょう。

ここでは試しにこの作業を行いました

  • 選択範囲(すべてを選択)
  • 境界線を描く
  • 選択範囲を解除

記録したい作業を全て終えたら、下にある■ボタンで記録を終了します。

アクションを再生する

再生させたいアクションを選択して、下にある▶ボタンをクリックすればOKです。

アクションにファンクションキーを設定する

上記のSTEP4の「新規アクション」を出した時にも設定できますが、あとからでも設定する事ができます。

ファンクションキーを割り当てたいアクションをダブルクリックする


好きなファンクションキーを設定する


これでボタン1つですぐにアクションが行えます。
同じ動作を多くする人には、かなり時短になります!

アクションを使いこなせれば作業効率がアップする!

縮小なども設定する事ができるので、例えば「幅1000pixelに縮小→境界線を黒色で枠を描く」といった作業も、登録してしまえばボタン1つでできます。

卯月まめ

時短にもなって、作業効率が格段にアップしますね

このブログがお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる