【Photoshop】レイヤー別に書き出しする【画像アセット】

イラストによっては、一つのデータにレイヤーを使って画像複数分を描いている事があります。
今まではレイヤーを表示・非表示にして一つずつ保存する作業が、地味にメンドイですよね。

そんな時にPhotoshopにはレイヤーごとに保存する超絶便利機能があると知りました!
今回はその機能と使い方を紹介したいと思います。

レイヤー別に書き出しする機能 画像アセット

基本的な使い方 ポイントは拡張子をレイヤー名に付ける

画像アセットの説明

まずはためしに、こんな感じの画像を使ってみます。
レイヤーは四角と丸で分かれています。

 

画像アセットの説明

レイヤー名がそのままファイル名になるので、付けたい名前に変更しましょう。
ここでポイントなのは拡張子も込みで名前を付ける事です。
JPEGなら「.jpg」、GIFなら「.gif」、PNGなら「.png」です。

 

画像アセットの説明

ファイルの書き出し(保存)がOKの状態になったら、ファイル→生成→画像アセットにチェックを入れてください。
チェックを入れると拡張子をつけたレイヤーが、すぐに書き出しされます。
私の場合は、デスクトップに「名称未設定1-assets」というフォルダが出来て、中にファイルが入ってました。

画像アセットの説明
画像アセットの説明

画像に合わせて自動でカットされていました。
全て表示にしてある状態でも、各レイヤーごとの画像データで保存されます。隠れてた部分も保存されました。

スポンサーリンク

透明部分も含めて書き出したい場合

自動で画像をカットしてくれるのは便利ですが、透明部分も含めて保存したい場合もありますよね。

画像アセットの説明

透明部分も書き出しに含めたいレイヤーを選択してレイヤーマスクをつけます。
これだけでOKです!

画像アセットの説明

透明部分も保存されました。

複数のレイヤーを一枚の画像として保存するなら、レイヤーグループを使う

複数のレイヤーを一枚の画像として保存した場合はレイヤーグループを使います。

画像アセットの説明

レイヤーグループの名前を保存したいファイル名+拡張子に変えます。

ここではグループ名を「test3.png」に、丸のレイヤーを「test4.png」、四角のレイヤーを「長方形 1」としました。

画像アセットの説明

結果は「test3」という合成+透明部分込みのPNGファイルと、「test4」というカットされたPNGファイルが作成されました。
拡張子名を付けなかった「長方形 1」のレイヤーは保存されませんでした。

まとめ

 

  • レイヤー名に「.png」「.jpg」「.gif」などの拡張子を付ける
  • ファイル→生成→画像アセットにチェックを入れる

わかっていれば案外簡単にできる内容かと思います。
私は全然知らない機能だったんですが、Photoshopを使いこなしている人には常識なのでしょうか💧

他にもこの画像アセットは、保存する時の大きさを変更したり、JPEG画像の画質の調整なども、レイヤー名に入力するだけで出来ます。上手く使えば、保存する時の手間がかなり省けるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク